メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全豪オープン 連続V、なおみ時代 「対応力」逆境で真価 アジア初の1位

クビトバとの女子シングルス決勝で、バックハンドでボールに食らいつく大坂なおみ=AP

 【メルボルン新井隆一】4大大会2連勝、そしてアジア選手初の世界ランキング1位の座へ--。テニスの全豪オープン第13日の26日、女子シングルスで第4シードの大坂なおみ(日清食品)は、決勝で第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)に7-6、5-7、6-4で競り勝ち、全豪で日本選手初の頂点に立った。

 昨年の全米オープンに続く4大大会2連勝。28日発表の世界ランキングで、現在4位の大坂は男女を通じてシングルスでアジア初の1位となる。

 混合ダブルス決勝では、バルボラ・クレイチコバ(チェコ)ラジーブ・ラム(米国)組がアストラ・シャーマ…

この記事は有料記事です。

残り2089文字(全文2353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです