メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第1部 ジャパンの足跡/5止 1987年第1回大会 朽木英次さん

元ラグビー日本代表の朽木英次さん=大谷津統一撮影

後につながる2トライ

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)は1987年、ニュージーランドとオーストラリアの共催で初めて開かれた。日本は3戦全敗だったが、最終戦で優勝候補のオーストラリアに終盤まで食い下がる健闘を見せた。この試合で2トライを挙げたCTB朽木英次さん(56)は、自身と日本の礎になった試合と位置づける。【聞き手・大谷津統一】

 「これでは日本に帰れない」。米国に敗れイングランドにこてんぱんにされ、オーストラリア戦を迎えました…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1213文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです