メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

天才作家の妻 40年目の真実 ノーベル賞の栄誉の陰から現れる妻の思い

 映画を言葉でご紹介するのは面倒です。この作品の主人公は初老の夫婦、ジョゼフ・キャッスルマンはノーベル文学賞の受賞が決まった作家、ジョーン・キャッスルマンは、ジョゼフの奥さんにして2人の子どもの母親ですが、こうご紹介をしただけでもういけません。ノーベル文学賞ですから夫のジョゼフにスポットライトが当たり、妻のジョーンはその陰に隠れてしまうからです。でも、この映画、そうならない。陰に押し込められたジョーンが主人公なんです。

 最初は真夜中の寝室、ジョゼフとジョーンがノーベル賞受賞を知らせる電話を待っているところ。ジョゼフは…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです