メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眼前に国宝、驚きの博物館 埼玉古墳群のスゴさ

国宝の金錯銘鉄剣がこんなに間近に見られる=埼玉県行田市の県立さきたま史跡の博物館で

 県名発祥の地、行田市埼玉(さきたま)の国指定史跡「埼玉(さきたま)古墳群」。国内最大規模の円墳など大小九つの古墳が密集し、周辺を整備した「さきたま古墳公園」内の「県立さきたま史跡の博物館」には社会科の教科書に載る金錯銘(きんさくめい)鉄剣など国宝の数々がガラスケースに飾られている。「えっ、こんな間近で国宝の実物が見られるの?」。アクセスやPRが向上すれば今でも行列ができるのではと思われるが、こんな価値あるものをじっくり見られるのも「埼玉コレがスゴい」証しだ。【松下英志】

 古墳群は遅くとも江戸時代には存在が知られ、1938年に国指定の史跡に。66年、国の「風土記の丘」事…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1568文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです