北海道・厚真町で冬の花火 地震から復興祈願

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
復興を祈願して打ち上げられた花火。手前は仮設団地(長時間露光で撮影した写真3枚を合成)=北海道厚真町で2019年1月27日、貝塚太一撮影
復興を祈願して打ち上げられた花火。手前は仮設団地(長時間露光で撮影した写真3枚を合成)=北海道厚真町で2019年1月27日、貝塚太一撮影

 昨年9月の北海道胆振(いぶり)東部地震で36人が犠牲になった厚真町で27日夜、復興を祈願して花火が打ち上げられた。冬の夜空を彩る大輪の花火に、町民らは犠牲者への追悼と復興への思いを新たにした。

 全国の花火師が丹精込めて作った直径約30センチの「芸術尺玉」が続けて打ち上げられると、観客から歓声が上が…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

あわせて読みたい

ニュース特集