メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動適応法の拠点整備 都道府県7割で未着手

 農作物被害や気象災害など地球温暖化の被害軽減策「適応策」を推進するための「気候変動適応法」(昨年12月施行)で自治体に新たに整備することが求められている「地域気候変動適応センター」について、都道府県の約7割で整備の見通しがたっていないことが毎日新聞の調査でわかった。人材の確保や研究機関との連携の難しさなどから、自治体が苦慮している実態が浮き彫りになった。

 調査は、法施行前の昨年11月、47都道府県を対象に書面で実施し、すべてから回答を得た。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです