メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サドが優勝、小原2位 福士は転倒し棄権 大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソンで1位でフィニッシュするファツマ・サド=ヤンマースタジアム長居で2019年1月27日、木葉健二撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた大阪国際女子マラソンが27日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とする42.195キロのコースであり、ファツマ・サド(エチオピア)が2時間25分39秒で優勝した。

 すでにMGCの出場権を持っている小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本勢トップの2位に入った。中野円花(ノーリツ)が2時間27…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです