メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

科学 薬 工夫いろいろ、正しく服用

薬の種類はいろいろ。薬剤師さんの話をよく聞こう=くすりの適正使用協議会提供

[PR]

田中たなか泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん 医療福祉部長いりょうふくしぶちょう

 インフルエンザが流行りゅうこうしています。まいしょう読者どくしゃ大丈夫だいじょうぶかな。インフルエンザでは最近さいきん回数かいすうが1かいあたらしいタイプのくすり登場とうじょうしました。

     くすりにはこなかためた錠剤じょうざいなどじつにたくさんの種類しゅるいがあります。「くすり内容ないようおうじて、効果こうか発揮はっきされやすいようかたちおおきさを工夫くふうしているからです」。くすりただしい使つかかたについて普及活動ふきゅうかつどうをしている団体だんたい「くすりの適正てきせい使用しよう協議会きょうぎかい」の俵木たわらぎ登美子とみこ理事長りじちょう解説かいせつしてくれました。

     くすりというのは、病気びょうき原因げんいんとなっている場所ばしょに、特定とくてい物質ぶっしつとどけてもと健康けんこう状態じょうたいになるのを手助てだすけします。

     ぐすり場合ばあいくちから食道しょくどうとおってはいります。分解ぶんかいされたのち小腸しょうちょう吸収きゅうしゅうされて血管けっかんはいり、血液けつえきながれにって病気びょうき原因げんいん場所ばしょとどきます。粉末ふんまつ吸収きゅうしゅうされやすいのではやめにいてきます。錠剤じょうざいならばゆっくりなが効果こうか発揮はっきします。おなぐすりでもシロップざいどもがみやすいようにあまあじがつけられたタイプです。

     ほかにはくちからってはいくすり直接ちょくせつとどける吸入剤きゅうにゅうざいがあります。ねんざした場合ばあい湿布しっぷというぐすりがよくわたされます。皮膚ひふとおしていためた部分ぶぶんくすりとどくように工夫くふうされているのです。インフルエンザのようにからだのあちこちの細胞さいぼうがウイルスに感染かんせんした場合ばあいは、全身ぜんしんながれる血液けつえき利用りようしてあちこちにくすりとどけるわけです。

     くすりわるさをするときもあります。病気びょうき原因げんいん場所ばしょ以外いがいはたらきかけてしまうためで、「副作用ふくさよう」とびます。インフルエンザのくすりには皮膚ひふ発疹はっしんることなどが報告ほうこくされています。

     企業きぎょう大学だいがく研究者けんきゅうしゃは、病気びょうき原因げんいんからだ仕組しくみを調しらべ、安全あんぜん効果こうかたかくすり開発かいはついどんでいます。はやなおし、副作用ふくさよう危険性きけんせいらすため、くすり回数かいすうりょうは、お医者いしゃさんや薬剤師やくざいしさんの指示しじしたがってください。また、コップ1ぱいみずかおんでくださいね。


     医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966年岐阜市生ねんぎふしうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

    2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

    3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

    5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです