メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

専門性強いポスト、限られた職員往来…統計不正、裏に“硬直人事”

毎月勤労統計問題での職員処分を受け、根本匠厚生労働相(右端)の訓示を聞く厚労省職員=東京都千代田区で2019年1月22日、手塚耕一郎撮影

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題では、歴代の担当職員が不正を認識しながら長年放置するという「信じがたい事実」(同省特別監察委員会報告書)が続いてきた。ずさんな対応はなぜ見過ごされてきたのか。背景に浮かぶのは、限られた職員が主要ポストを行き来する人事の硬直性だ。

 「担当部局がプロの集まりと思われていたのが、プロではなかったということだ」。24日にあった衆院厚労委員会の閉会中審査後、自民党の小泉進次郎厚労部会長は記者団に厳しい口調で語った。

 毎月勤労統計を担当するのは、雇用・賃金福祉統計室の室長(課長級)以下17人。組織改編はあったが、基…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1047文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです