メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

0-100km/h加速3.3秒! サーキット走行で本領発揮するBMW M5コンペティション登場

情報提供:カートップ

0-100km/h加速3.3秒! サーキット走行で本領発揮するBMW M5コンペティション登場

足まわりやエキゾーストにも手を加えた本格派モデル

 ビー・エム・ダブリューは、5シリーズセダンをベースにBMW M社が手を加えたハイパフォーマンスモデル「M5」をベースにハイパフォーマンス仕様に仕立てた「M5コンペティション」を発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は1823万円。

M5

 M5は1984年に初代モデルが登場し、2018年3月に6代目となる現行モデルが発売された。4.4リッターV8ツインターボを搭載。歴代Mモデルとして初となる、4WDシステム「M xDrive」を搭載してサーキットにおける高いパフォーマンスを併せ持ったプレミアムラグジュアリーセダンである。

M5

 M5コンペティションは、ベースモデルのM5と同じV8ツインターボエンジンを搭載しながら、さらにチューニングを施して最高出力はプラス25馬力となる625馬力を発生。0-100km/h加速はわずか3.3秒となっている。

M5

 そのほかにも車高を7mmほど下げ、より官能的なサウンドを奏でるMスポーツ・エキゾースト・システムを搭載。ベースモデルよりもさらにダイナミックなドライビングを楽しむことが可能だ。加えて、コイルスプリングは約10%ほど硬くしたことで、コーナリング性能ならびにステアリングレスポンスを最適化している。

M5

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです