メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

新型登場間近なのに旧型トヨタ・スープラの中古価格がジワジワ上昇しているワケ

情報提供:カートップ

新型登場間近なのに旧型トヨタ・スープラの中古価格がジワジワ上昇しているワケ

名前は同じスープラだがキャラクターは異なる

 先日開催されたデトロイトモーターショーでついにベールを脱いだ新型スープラ。ネット上でも賛否両論飛び交っており、実際に発売されるまでこの状態は続くと思われる。

スープラ

 しかし、その一方で、中古車に目を向けてみると、1993年から2002年まで生産されていたA80型の相場がジワジワと上がりつつあるのである。

スープラ

 もともと80スープラ自体が根強い人気があり、販売終了から時間が経過して程度のよい個体が減ってきているため高値安定の状態が続いていたのだが、新型が間もなく登場するというタイミングで再び上昇の気配を見せている。

スープラ

 その理由として考えられるのは、同じスープラという名前を使っていながらも、キャラクターが大きく異なることが要因の一つではないだろうか。

 新型はBMW製となるパワートレインや、従来型よりもよりラグジュアリーな雰囲気を持っており、それが今までのスープラとのイメージと異なるという点もそうだろう。

スープラ

 当然ながら登場した時代が異なるので仕方がないところではあるが、80スープラはそれほど電子制御も介入しない時代に生まれていることから、チューニングやカスタマイズがやりやすく、搭載される2JZ型エンジンはチューニング次第で1000馬力オーバーも夢ではないポテンシャルを秘めている。

スープラ

 また、現時点では新型スープラにマニュアルトランスミッションの設定がないこともあり、3ペダルマニュアルがメインとなる80スープラは、その点でも注目度が高いと言えるだろう。

スープラ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです