メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

ダウンの季節に=永山悦子

 年末の寒波以降、東京でもダウンジャケットを手放せない。ダウンの上着は軽くて暖かく、安いものも増えている。何枚も持っているという人も多いだろう。

 ダウンは、ガチョウやアヒルなど水鳥の胸の綿毛のこと。1羽から数十グラムしかとれない。ダウンジャケットには約10羽分、羽毛布団には100~150羽分のダウンが入っている。大半を中国や欧州などからの輸入に頼る。

 もともとダウンは、水鳥の肉を食べた後の「ゴミ」を再利用してきた。最近は肉を安く提供しようと水鳥の飼…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです