メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カワウソ

ブームに待った インドなど取引禁止提案 個体数30年で30%減

 東南アジアなどにすむコツメカワウソとビロードカワウソの絶滅の恐れが強まっているとして、インドやネパールなどがワシントン条約で商業目的の国際取引を禁止する提案を条約事務局に提出した。生息地の環境破壊に加え、ペット需要が高まる日本向けの違法取引が目立ち、規制強化が不可欠だと判断した。

 現在は2種とも輸出国の許可があれば商業目的の取引が認められているが、規制レベルを引き上げて禁止することを提案した。提案書では、生息する湿地の減少や密猟、インターネットでの販売などで、世界の個体数は過去30年で30%以上減ったと指摘。東南アジアで日本向けに密輸を図り摘発される例が相次ぐなど「多くの国で密輸への規制が不十分だ」と批判した。

 提案は今年5~6月にスリランカで開く締約国会議で議論され、投票国の3分の2以上の賛成で決まる。日本…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス運転手を逮捕 滋賀・名神道の多重事故 草津JCT付近
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根
  5. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです