メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

多様性へ、47の回答録 旧法撤廃訴えた母娘「老いれば皆障害者」

安積遊歩さん(右)と長女宇宙さん=札幌市白石区で

 旧優生保護法(1948~96年)の撤廃を車いすで訴え、母体保護法への改正の一つのきっかけをつくった札幌市在住のカウンセラー、安積遊歩(あさかゆうほ)さん(62)が長女の宇宙(うみ)さん(22)と25日、初の共著「多様性のレッスン」(2160円)を出版した。生まれつき骨がもろい障害を持つ2人が、家族との関係や生き方、差別などの悩み相談に回答する内容で、多様性社会の実現を訴える。【日下部元美】

 遊歩さんは福島市生まれ。若い頃に旧優生保護法で障害者の命の存在が許されていないことに衝撃を受け、自殺も試みた。94年にはエジプト・カイロであった国連の会議に、日本のNGOで唯一の障害者として参加。国際会議で障害者として初めて旧法撤廃を求めたとされ、各国メディアも大きく取り上げた。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです