選挙

京都・亀岡市議選 LGBT公表の赤坂さん、トップ当選 祖父母介護、高齢者ケア取り組む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
支援者に花束を贈られ初当選を喜ぶ赤坂マリアさん(右端)=京都府亀岡市で2019年1月27日、国本ようこ撮影
支援者に花束を贈られ初当選を喜ぶ赤坂マリアさん(右端)=京都府亀岡市で2019年1月27日、国本ようこ撮影

 27日に投開票された京都府亀岡市議選(定数24)で、高齢者施設の経営者で、戸籍を男性から女性に変えた赤坂マリアさん(48)が無所属新人ながら2270票を集め、トップ当選を果たした。LGBT自治体議員連盟によると、LGBTなど性的少数者と公表した地方議員は11人目という。赤坂さんは「高齢者が楽しく過ごせる街、性的少数者も生きやすい場所づくりをしたい」と抱負を語った。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文933文字)

あわせて読みたい

注目の特集