メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019愛知県知事選

受験生、投票したいけど 18歳以上引き下げ後初 若者へアピールの陣営も諦め?

 2月3日投開票の愛知県知事選は、愛知では選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初の知事選となる。立候補している2陣営は若い有権者の支持に期待を寄せるが、現在は大学入試シーズン真っただ中。投票日と試験日が重なる受験生もいて「投票はしたいけれど……」との声も漏れる。【三浦研吾】

 名古屋市立富田高校(同市中川区)では、廊下に投票を呼び掛けるポスターが張られていた。18歳の3年生たちに選挙について話を聞くと、男子生徒は「初めての経験になるので投票したいが、試験がある。せめてインターネットで投票できれば」とつぶやいた。

 2月3日は第1志望の私大の試験日だという男子生徒は「試験の手応えが良ければ終わった後に投票に行こう…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです