メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化財防火デー

「ご神体」を避難 高島・日吉二宮神社で消火訓練 /滋賀

消火訓練で文化財のご神体代わりの箱を本殿から運び出す氏子たち=滋賀県高島市新旭町の日吉二宮神社で、塚原和俊撮影

 高島市新旭町深溝の日吉二宮神社で27日、火災の初期消火訓練があった。市文化財に指定されたご神体の彫刻7体(代替品)を、氏子らが抱きかかえて本殿から安全な場所に運び出した。同神社ではこれまで消火訓練がされたことはないといい、26日の「文化財防火デー」に合わせて市と市消防本部が実施した。

 同神社は約350年前の江戸時代の造営と伝わる。本殿と、本殿…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「今、東京から?」拒まれ、仮住まいで焼死 岩手「ついの住みか」のはずが

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです