メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのレール

旧三江線廃線後の行方/16 未完の遺構「今福線のアーチ」 /島根

 着工したものの一度も汽車が走ることなく建設中止となった鉄道を「未成線」と呼ぶ。浜田と広島を結ぶ予定だった「広浜鉄道今福線」もその一つ。存在は知っていたが、先日じっくりと訪問する機会があった。そこで感じたのは、今福線と三江線が「双子」の関係にあることだった。

 戦前の1933年に着工した後、戦争で40年に中断。69年に工事は再開したが80年に中止され、その後は、つち音が響くことはなかった。そんな今福線だが、地元住民の熱意と地道な保存活動が実り、戦前に建設された「今福線コンクリートアーチ橋群」が土木学会の選奨土木遺産に認定された。アーチ橋はとても80年経過しているとは思えないほどきれいに保たれ、コンクリートは重厚で、存在感たっぷりだった。

 土木遺産選定をきっかけに、島根県技術士会が社会貢献の一環として、今福線の調査・研究活動に着手。イラストマップを作成するなど、住民とともに今福線の価値の発掘と情報発信を進め、2020年度には「全国未成線サミット」が浜田市で開かれることになった。地道な活動が花開くときが来た。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです