メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

平成最後のチャンス /香川

センバツ出場を決め、ガッツポーズを見せる高松商の選手ら=高松市松島町1の同校で、成沢健一撮影

 3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校に、昨秋の四国大会で優勝した高松商が3年ぶりに選ばれました。県勢としては2年連続の出場となりますが、高松商の選手たちや学校関係者にとっては、待ちに待った春の便りではないかと思います。

 今さら紹介するまでもありませんが、高松商は名古屋市の山本球場で開催された1924(大正13)年の第1回大会で、早稲田実(東京)を2-0で降して優勝した伝統校です。甲子園に舞台を移した翌年の第2回大会では、決勝で松山商に2-3で敗れて準優勝に終わりましたが、1960(昭和35)年の第32回大会決勝で米子東(鳥取)に2-1でサヨナラ勝ちし、2回目の優勝を果たしています。

 今大会で91回目となるセンバツですが、大正、昭和、平成の全てで優勝したチームはありません。夏の甲子園も合わせると、松山商が「3元号制覇」を達成していますが、センバツは大正時代に3回しか開催していないので、達成できるチームが限られます。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです