メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

春はセンバツから /愛媛

センバツ出場決定を受け、ガッツポーズを取る松山聖陵の選手たち=松山市久万ノ台の同校で、遠藤龍撮影

 3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に、松山聖陵の2年連続2回目の出場が決まりました。選手、関係者のみなさん、おめでとうございます。

 松山聖陵の戦力を簡単に紹介します。昨秋の県大会は4試合が2桁安打と高い攻撃力を誇ります。3位決定戦に勝ち、四国大会に進出。決勝まで勝ち上がりました。

 チームを引っ張るのはエース右腕の根本大蓮主将(2年)。切れ味のあるフォークなどを武器に公式戦9試合のうち8試合に登板しました。平安山(へんざん)陽投手(1年)は、大きく曲がるスライダーと直球を織り交ぜて、四国大会準々決勝で13三振を奪い、完投しました。

 打線は好機を逃さない集中打が身上。1番・大村侑希選手(2年)や2番・坂本幸成選手(1年)はいずれも打率が3割台半ば。3番・田窪琉風(るか)選手(2年)は4割1分9厘の高打率で、4番・折田玲選手(同)はチームトップの11打点と勝負強さが光ります。県大会で本塁打を放った岸田明翔捕手(1年)ら下位まで打線に切れ目はありません。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです