メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

春はセンバツから /愛媛

センバツ出場決定を受け、ガッツポーズを取る松山聖陵の選手たち=松山市久万ノ台の同校で、遠藤龍撮影

 3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に、松山聖陵の2年連続2回目の出場が決まりました。選手、関係者のみなさん、おめでとうございます。

 松山聖陵の戦力を簡単に紹介します。昨秋の県大会は4試合が2桁安打と高い攻撃力を誇ります。3位決定戦に勝ち、四国大会に進出。決勝まで勝ち上がりました。

 チームを引っ張るのはエース右腕の根本大蓮主将(2年)。切れ味のあるフォークなどを武器に公式戦9試合のうち8試合に登板しました。平安山(へんざん)陽投手(1年)は、大きく曲がるスライダーと直球を織り交ぜて、四国大会準々決勝で13三振を奪い、完投しました。

 打線は好機を逃さない集中打が身上。1番・大村侑希選手(2年)や2番・坂本幸成選手(1年)はいずれも…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1024文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  3. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害事件 死刑確定 被告が控訴取り下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです