メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

甘い空気が満ちてくるバレンタイン・シーズンにも…

[PR]

 甘い空気が満ちてくるバレンタイン・シーズンにも、別れるカップルはいる。そっとしておいてあげたいものだが、この2人はそうもいかないようだ。アマゾンの創業者で世界一の富豪、ジェフ・べゾスさん(55)と妻のマッケンジーさん(48)である▲ツイッターで25年の結婚生活にピリオドを打つと発表した。さあ、約15兆円もの富の行方は? 特に、発行済み株式の約16%というべゾスさん保有のアマゾン株に注目が集まっている▲妻が大量に受け取れば、大株主として役員の椅子を要求するかもしれない。アマゾンに敵対的な先への売却も可能性としては、ある。離婚発表文は円満そのものだが、離婚した最高経営責任者(CEO)の約3割が、離婚後2年以内に辞任したとの調査結果もあり、予断を許さないようだ▲べゾスさんに限らず、米国では一代で巨万の富を築いた起業家が少なくない。その多くが集まるカリフォルニア州では離婚率が約6割というから、投資家はCEOの離婚リスクをより意識する必要性が出てきた▲結婚前にあらかじめ離婚後の財産分割を合意しておく「婚前契約」の情報開示をCEOに義務付けよ、との声がすでに聞かれる。四半期ごとに夫婦仲の現状を株主に報告させられる日も遠くないのか▲アマゾンの「お急ぎ便」ではなかろうが、べゾスさんには早くも新しいお相手が。財産半減でも億万長者は億万長者。富はやはり万能なのか? ロマンチックなこの季節くらい、そうではないと願いたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです