メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 裏に硬直人事 専門性強い日陰の職場 他部署、目届かず

毎月勤労統計問題での職員処分を受け、根本匠厚生労働相(右端)の訓示を聞く厚労省職員=東京都千代田区で2019年1月22日、手塚耕一郎撮影

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題では、歴代の担当職員が不正を認識しながら長年放置するという「信じがたい事実」(同省特別監察委員会報告書)が続いてきた。ずさんな対応はなぜ見過ごされてきたのか。背景に浮かぶのは、限られた職員が主要ポストを行き来する人事の硬直性だ。【横田愛】

 「担当部局がプロの集まりと思われていたのが、プロではなかったということだ」。24日にあった衆院厚労委員会の閉会中審査後、自民党の小泉進次郎厚労部会長は記者団に厳しい口調で語った。

 毎月勤労統計を担当するのは、雇用・賃金福祉統計室の室長(課長級)以下17人。組織改編はあったが、基…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1043文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  4. 熱中症に注意 北海道~西日本各地で35度超す猛暑日予想
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです