メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ、帰還に暗雲 国軍と武装勢力、戦闘が妨げ

移動の制限を受けたまま暮らすロヒンギャの=ミャンマー西部ラカイン州マウンドーで2019年1月24日、西脇真一撮影

 【マウンドー(ミャンマー西部)で西脇真一】ミャンマー西部ラカイン州から隣国バングラデシュに逃れた少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の帰還のめどが立たない。ラカイン州で仏教徒の少数民族・ラカイン族の武装勢力などと、国軍の戦闘が続くからだ。ミャンマー政権はロヒンギャ難民の帰還準備に取り組むが、政権を率いるアウンサンスーチー国家顧問兼外相には新たな難題となりそうだ。

 「国連と協力しているが、戦闘は作業の妨げになる」。24日、政府の案内で同州北部マウンドーの総合行政…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1401文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです