メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

ツムラ(東京都)/上 「漢方の復権」挑み続け

1899年当時の従業員=ツムラ提供

 <since 1893>

良薬は人のお役に立ち必ず売れる

 医療用漢方製剤で8割のシェアを誇るツムラは、度重なる荒波にも負けず、漢方薬を守り、進化させてきた。

 1893(明治26)年、創業者の津村重舎(じゅうしゃ)は奈良の母方の実家に代々伝わってきた婦人和漢薬「中将湯」を販売するため上京。「良薬は必ず売れる」という信念のもと、日本橋に「津村順天堂」を起こした。

 漢方医学は中国を起源とする医学で、5、6世紀ごろ日本に伝わり、独自に発展してきた。江戸時代中期にオ…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです