メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

講座で学び「家事研究家」に

キッチンの排水口の掃除を解説する動画=家事大学1級オンライン講座より

 女性の社会進出や夫婦間の「家事シェア」が広まり、正しい家事を学びたいとのニーズが高まっている。家事代行サービス「ベアーズ」(東京都中央区)は、家事のノウハウを動画で学べる「家事大学」のオンライン講座を本格的に始めた。

 ●夫婦の分担難しく

 同社によると、核家族化や共働きの家庭が増えたことで、親から子へ家事の仕方を伝える機会が減り、近年は「正しい家事のやり方がわからない」という人が増えているという。実際、ライオン(東京都墨田区)が2013年、20~50代の共働き世帯の男女800人を対象に実施したインターネット調査では、妻の84・5%が家事にやりにくさを感じており、その理由に「正しいやり方がわからない」と答えた人が34・8%と3分の1に上った。

 また、この調査では夫の6割近くが「もっと家事に協力して妻の負担を減らしたい」と感じているが、やりにくさを感じる人が6割あまりを占めた。やりにくさの理由は、「正しいやり方がわからない」(43・8%)、「やっても妻に文句を言われる」(34・1%)などだった。夫婦で家事を分担する「家事シェア」の風潮が広がる半面、妻とのスキルややり方の違いがトラブルの原因になっていると調査は指摘している。

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです