メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

人工知能と同僚に/3止 新井教授「自分の価値観を」

新井紀子教授

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 人工知能(AI)技術が身近になってきた。掃除ロボットが働き、チャットボットは話し相手。一方でAI依存に伴い、人間の考える力が衰える危険性も。ロボットが東京大に入れるかどうかという「東ロボくん」プロジェクトを率いた数学者の新井紀子・国立情報学研究所教授(56)に聞いた。

 --現時点でAIは何ができるのでしょうか。

 AIには基本的に数学しか入っていません。大きく分けると「分類」と「予測」の機能です。天気予報は雲の様子など天気に関するビッグデータから予測しますが、同じように言葉について予測するのが「自然言語処理」。チャットボットに「今日は疲れた」と言うと「お疲れさま」と言ってくれますが、意味は理解できません。数学は真と偽しかなく、文脈を扱えないからです。コミュニケーションロボットは長く会話が続くことを目的にし…

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文2633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです