メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-深浦康市九段 第31局の6

華々しい応酬

 図からの応酬は目が覚めるような華々しさだった。久保が[先]5四角!と金で取られる位置に角を打つ。深浦は「ふぇ~」と息を吐き、太ももをぴしりと平手で打った。この手を少しうっかりしていたかもしれない。図から[先]7六角なら[後]5八竜[先]同歩[後]6五銀と遊んでいる銀を活用する順があるのだが5四から角を打てばその順は無い。[先]5四角に[後]同金は[先]4二角成だし、[後]8九竜なら[先]3一銀が厳しい攻めだ。

 深浦は7分考えて[後]6八飛!と応じる。互いに金で取られるところに大駒を打ち合ったのは初めて見たよ…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです