メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

新興俳句とは何か=酒井佐忠

 現代俳句の源流ともいわれる新興俳句の新しさはどこにあるのか。なかなか入手しにくい資料をもとに、新興俳句作家44人の作家論と100句抄にコラムをそえた類例のない一冊が生まれた。評論の書き手はすべて10代から40代の若手というのも異色。現代俳句協会青年部(神野紗希部長)が同協会70周年記念事業として編集した『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂発行)。ポスト平成の俳句を考える上でも貴重な一巻だ。

 <頭の中で白い夏野となつてゐる>(高屋窓秋)。新興俳句としてよく知られた一句。水原秋桜子が「文芸上…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです