メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー

W杯 ノルディック・ジャンプ男子個人第16戦 小林陵、4戦ぶり表彰台

小林陵侑の1回目の飛躍=大倉山ジャンプ競技場で2019年1月27日、貝塚太一撮影

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は27日、札幌市大倉山ジャンプ競技場で個人第16戦(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が124・5メートル、129・5メートルの236・6点で日本勢最高の3位に入り、4戦ぶりに表彰台へ上がった。46歳の葛西紀明(同)は今季自己最高の7位。シュテファン・クラフト(オーストリア)が248・2点で3連勝し、通算15勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1262文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです