メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪国際女子マラソン

サドV 小原、反省の2位

大阪国際女子マラソンで2位でフィニッシュする小原怜=ヤンマースタジアム長居で2019年1月27日、木葉健二撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた大阪国際女子マラソンが27日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロのコースであり、ファツマ・サド(エチオピア)が2時間25分39秒で優勝した。

 すでにMGCの出場権を持っている小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本勢トップの2位に入った。中野円花(ノーリツ)が2時間27分39秒で4位(日本人2位)に入り、通算9人目のMGC出場権を獲得した。16年リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(ワコール)はレース前半に転倒し、35キロ付近で途中棄権した。同代表の田中智美(第一生命グループ)は7位に沈んだ。

 36キロ付近からサド、小原のマッチレースとなり、40キロ手前で小原が振り切られた。

この記事は有料記事です。

残り1622文字(全文1974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです