メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年末に活動休止 穏やか、嵐に「区切り」 リーダーに寄り添い決断

グループでの活動休止について記者会見に臨む嵐の(左から)相葉雅紀さん、松本潤さん、大野智さん、桜井翔さん、二宮和也さん=東京都港区のジャニーズ事務所で2019年1月27日午後8時3分、長谷川直亮撮影

 「自由な生活がしてみたい」。国民的なアイドルグループ「嵐」が27日、2020年末で活動を休止することを発表した。リーダー、大野智さん(38)の思いに寄り添い、1年半あまり、5人で話し合って決めたという。デビューから約20年。不祥事もなかった優等生アイドルグループが、穏やかな表情で今の思いを率直に語った。【屋代尚則、小玉沙織】

 記者会見の会場となった東京都港区のジャニーズ事務所内のホールには、テレビカメラ8台を含む、報道陣約100人が駆けつけた。会見の冒頭、大野さんが「2020年12月31日でグループの活動を休止させていただきます。僕たちの口からお伝えさせていただきたかった」と語り、5人で一礼した。

 大野さんは17年6月、自分がメンバー4人に活動休止を申し出て、何度も話し合いを重ね決定したと経緯を説明。「21年は自分を見つめ直す時期にしたい。20年まで嵐として走りきりたい」と心境を語った。

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです