メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「脱官製」春闘スタート 労使フォーラム開幕

「労使フォーラム」であいさつする経団連の中西宏明会長=東京都千代田区で2019年1月28日午前10時39分、根岸基弘撮影

 主要企業の労使代表らが意見を交わす経団連の「労使フォーラム」が28日、東京都内で開幕し、2019年春闘が事実上スタートした。安倍晋三首相が6年連続で経済界に賃上げを求める中、経団連は「官製春闘」からの脱却を目指しており、どこまで労使で賃上げを実現できるかが今春闘の焦点だ。

 経団連は「政府に要請されて行うものではない」と労使折衝の原則を強調。従来のベースアップ(ベア)を中心にした賃上げ重視を見直し、働くための環境整備などの「総合的な処遇改善」に重きを置く。連合も格差是正のため、賃上げ率だ…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです