メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「脱官製」春闘スタート 労使フォーラム開幕

「労使フォーラム」であいさつする経団連の中西宏明会長=東京都千代田区で2019年1月28日午前10時39分、根岸基弘撮影

 主要企業の労使代表らが意見を交わす経団連の「労使フォーラム」が28日、東京都内で開幕し、2019年春闘が事実上スタートした。安倍晋三首相が6年連続で経済界に賃上げを求める中、経団連は「官製春闘」からの脱却を目指しており、どこまで労使で賃上げを実現できるかが今春闘の焦点だ。

 経団連は「政府に要請されて行うものではない」と労使折衝の原則を強調。従来のベースアップ(ベア)を中心にした賃上げ重視を見直し、働くための環境整備などの「総合的な処遇改善」に重きを置く。連合も格差是正のため、賃上げ率だ…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです