メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労組の姿勢も変化 企業規模ごとの賃金水準重視へ 労使フォーラム

2019年春闘の主な論点

 労働組合側がこれまで堅持してきたベア最優先の姿勢にも変化が出てきた。連合の神津里季生会長は28日の講演で「デフレの20年間、(大企業と中小企業の賃金に)毎年差ができ、格差社会になった」と述べ、ベアだけでなく、企業規模ごとの賃金水準を従来より重視する姿勢を打ち出した。

 自動車メーカーの労組で構成する自動車総連は、今春闘でベアの要求額を統一見解として掲げず、月例賃金の具体的な目標額を重視する方針を示した。前年まで4年連続でベア要求額を掲げてきたが、方針を転換。仮に中小が大手と同額のベアを獲得したとしても、もともと賃金水準に差があり、格差是正につながらないためだ。

 自動車総連は今春闘で企業規模や現在の賃金水準などによって、モデル賃金の月額を5段階で提示。実現すれ…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです