メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国海軍幹部の訪日を中止 冷却期間を置く狙いか

 【ソウル堀山明子】韓国海軍による海上自衛隊哨戒機に対するレーダー照射問題に関連し、韓国国防省の崔賢洙(チェヒョンス)報道官は28日、2月に予定されていた韓国海軍の艦隊司令官が舞鶴地方隊(京都)を訪問する計画をとりやめた、と正式に明らかにした。日韓関係が悪化する中で、冷却期間を置く狙いとみられる。

 記者会見では、照射問題を巡る対立が訪問中止の理由かという質問が繰り返されたが、崔氏は「部隊の日程上の都合」と述べるにとどめ、日本…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです