震災以来、レールの響きに「感激」 宮古-釜石間で試運転 JR山田線

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR山田線宮古-釜石間を試運転し、陸中山田駅(右)に向かう車両=岩手県山田町で2019年1月28日、鬼山親芳撮影
JR山田線宮古-釜石間を試運転し、陸中山田駅(右)に向かう車両=岩手県山田町で2019年1月28日、鬼山親芳撮影

 JR東日本は28日、東日本大震災の津波で不通となっていた岩手県沿岸を走るJR山田線宮古―釜石間(55.4キロ)で、三陸鉄道(三鉄)の営業車両を使った試運転を始めた。3月23日に三鉄に営業移管され、8年ぶりに運行が再開される区間で、踏切などが正常に作動するか確認した。

 この日は、三鉄の新車両1両を使い、運転…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文370文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集