メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄防衛局、辺野古の新たな護岸造成に着手 沖縄県の反発必至

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省沖縄防衛局は28日、埋め立て予定海域の東側で新たな護岸の造成に着手した。東側の海域には軟弱地盤があり、防衛省は今春にも地盤改良のための設計変更に着手する方針だが、移設に反対する県の承認を得られる見通しは立っていない。既成事実化を狙って工事を進める政府に対し、県が強く反発するのは必至だ。

 造成を始めたのは長さ135メートルの「N4」護岸。埋め立てを始めた南側の護岸6本と途中まで完成して…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文644文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです