メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省統計で新たに不適切処理 「賃金構造基本統計」でも

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影

 総務省は28日、厚生労働省の基幹統計「賃金構造基本統計」でも調査計画と異なる不適切な調査手法をとっていたと発表した。政府の56ある基幹統計のうち、不適切な処理が確認されたのは、24日発表分と合わせて23統計で延べ34件となった。

 総務省によると、調査対象を抽出する際、「宿泊業、飲食サービス業」のうち、「バー、キャバレー、ナイトクラブ」を除外していた。また、ほぼ全ての事業所に対して、調査員が訪問して調査すべきところを郵送で配布、回収していた。調査計画で定めた期間よりも提出期限を早めに通知しているケースもあった。

 統計は、全国の建設業や製造業などを対象に、労働者の賃金の実態を職種、年齢、勤続年数別などで明らかにするのが目的で、最低賃金の決定や労災保険の給付額の算定に活用される。

 総務省は24日、不正調査があった毎月勤労統計を含む56の基幹統計のうち、22統計で不適切な処理があったと発表したが、25日になって厚労省から報告があったという。【立野将弘】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです