メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウサマペンギンのヒナ 「大きすぎる」と話題に 仙台うみの杜水族館

 仙台市宮城野区の仙台うみの杜(もり)水族館で昨年生まれたオウサマペンギンのヒナが「大きすぎる」とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を中心に話題を呼んでいる。茶色い毛で覆われた独特の姿に、同館は「今しか見られない姿を見に来て」と呼びかけている。

 ペンギンのヒナは昨年8月15日、同館で誕生。性別は不明で、名前はまだない。同館によると、体長は約90センチで成鳥と同じだが、体重が15キロと成鳥の平均約11キロよりも重いという。ヒナの間は体が茶色いふかふかの「幼綿羽(ようめんう)」で覆われており、体の幅が…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです