メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21歳野中 第2課題の対応で差 ライバル野口破る

女子決勝、第4課題に挑む野中生萌=駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で2019年1月27日、梅村直承撮影

ボルダリングジャパンカップ 女子決勝(27日、東京・駒沢屋内球技場)

 昨年のW杯年間総合優勝の野中と同2位の野口。世界の舞台でも頂点を争う2人の勝負を分けたのは、「ランジ」と呼ばれる大きな跳躍を必要とする第2課題だった。

 体を大きく横に揺する反動で左上方向に跳躍してホールド(突起物)をつかみ、その勢いのまま遠くの別のホールドに飛び移るという課題。最後に両手でがっちりつかんだ野中に対し、片手でつかもうとした野口は最後まで体の動…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです