メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日に日に増す存在感 チーム最年少20歳のDF冨安

【日本-サウジアラビア】前半、先制ゴールを決め祝福される冨安(右から2人目)=シャルジャで、AP

 【アルアイン(アラブ首長国連邦)丹下友紀子】サッカーのアジア・カップで2大会ぶり最多5回目の頂点を目指す日本は28日午後6時(日本時間同11時)から、当地での準決勝でイランと対戦する。今大会、急成長を遂げたのがチーム最年少となる20歳のDF冨安(シントトロイデン)だ。「優勝を目標に掲げる中、倒さないといけない相手。心も体も良い準備をしてベストな状態で試合に臨みたい」と意気込む。

 11月に20歳になった「東京五輪世代」だが、ピッチ内での落ち着きは長友(ガラタサライ)や吉田(サウ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  4. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです