連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

3万5000人の中高生が授業ボイコット 温暖化対策を訴え ベルギー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
温暖化対策の強化を訴えるため、授業をボイコットしてデモに参加したベルギーの中高生たち=ブリュッセルの中央駅前で2019年1月24日、八田浩輔撮影
温暖化対策の強化を訴えるため、授業をボイコットしてデモに参加したベルギーの中高生たち=ブリュッセルの中央駅前で2019年1月24日、八田浩輔撮影

 ベルギーの中高生たちが週に1度学校を休み、世界の指導者に地球温暖化対策の転換を求めるデモを続けている。わずか2人の呼びかけで始まったデモの参加者は増え続け、3週目となった今月24日には首都ブリュッセルに3万5000人(警察発表)が集まった。複数の有力紙が1面で取り上げるなど地元メディアの関心も高く、「緑の世代」は政治的な存在感を高めつつある。

この記事は有料記事です。

残り2730文字(全文2903文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集