メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

3万5000人の中高生が授業ボイコット 温暖化対策を訴え ベルギー

温暖化対策の強化を訴えるため、授業をボイコットしてデモに参加したベルギーの中高生たち=ブリュッセルの中央駅前で2019年1月24日、八田浩輔撮影

 ベルギーの中高生たちが週に1度学校を休み、世界の指導者に地球温暖化対策の転換を求めるデモを続けている。わずか2人の呼びかけで始まったデモの参加者は増え続け、3週目となった今月24日には首都ブリュッセルに3万5000人(警察発表)が集まった。複数の有力紙が1面で取り上げるなど地元メディアの関心も高く、「緑の世代」は政治的な存在感を高めつつある。

この記事は有料記事です。

残り2730文字(全文2903文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです