メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

リスボンの有名レストラン近くで古代ローマの墓地出土

 1月25日、リスボンの有名レストラン近くの発掘現場で、ローマ時代にさかのぼる大規模な墓地が見つかり、2000年前の人骨やさまざまな古代の工芸品が出土した。写真は出土品を調べる人。24日撮影(2019年 ロイター/Pedro Nunes)

[PR]

 [リスボン 25日 ロイター] - 生ハムやシーフードで有名なリスボンのレストラン、ソラール・ドス・プレズントス近くの発掘現場で、ローマ時代にさかのぼる大規模な墓地が見つかり、2000年前の人骨やさまざまな古代の工芸品が出土した。

     発掘は、レストランのオーナーが店舗拡大を決めたことから、拡大認可の前に考古学者チームによる調査を実施するよう義務付けている市の規則にのっとって行われた。

     出土したのは、人骨25体、火葬された遺体35体、古代の埋葬儀式に使用された陶器やコインなど。発掘は2016年から行われており、店舗拡大作業はすでに始まっている。

     オーナーは、作業の遅延にもかかわらず墓地の発見を前向きに捉え、将来は古代工芸品の一部を展示したいとしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

    3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

    4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

    5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです