メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[試乗]クロスオーバーSUVならもっと売れる!? 新型ホンダ・インサイトは走りも気持ちいいHV

情報提供:カートップ

【試乗】クロスオーバーSUVならもっと売れる!? 新型ホンダ・インサイトは走りも気持ちいいHV

ネックになるのは日本での販売価格か?

 あまり認知されていないものの、3代目インサイトはホンダがホンキになって開発した「プリウスキラー」である。こう書くとクルマ好きなら初代と2代目の惨敗劇を思い出すと思う。初代は初代プリウスに対するホンダの意地だった。とにかく徹底的に燃費を追求。ハイブリッド技術の実力不足を軽量化でカバー。すべてアルミでボディ作ってます。

インサイト

 2代目もハイブリッド技術の実力不足を認識していたため、プリウスより圧倒的に安い価格設定とした。けれど“安さ”がトヨタのライバル魂に火を付けてしまい、後出しとなったプリウスは「誰が考えてもプリウスを買うでしょうね!」という魅力的な価格を付ける。プリウスの価格が公表された時点で勝負決まったほど。そして3度目の正直です!

インサイト

 今回プリウスはオウンゴール気味。ライバル居ないのに売れ行きを落としてしまっている。一方、今回のインサイト、気合い十分だ。まず肝心要のハイブリッドシステムだが、アコードから始まった2モーター式、燃費もドライバビリティもトヨタのTHS方式に勝るとも劣らず。ノア3兄弟とステップワゴンを見ても、燃費と走りで優位!

インサイト

 ちなみに2モーター式ハイブリッド、日産のe-POWERと基本的に同じ仕組み。ホンダの優位点は巡航時にエンジンと駆動軸を直結に出来ること。高速道路の巡航燃費で明確にホンダの勝ちだ。少なくともプリウスクラスでもっともバランスの取れたハイブリッドシステムだと言っていい。1997年からハイブリッドに乗ってきた私が断言します。

インサイト

 2代目インサイトでコケ負けした車体もプリウスより優位にある。2代目インサイトと3代目プリウスを並べると、100人中99人がプリウスの勝ちだと判断する圧倒的な差だった。けれど新型インサイト、現行プリウスと並べたら、100人中99人がインサイトに軍配を上げるだろう。外観だけでなく居住空間の広さ感など圧倒的といってよい。

インサイト

 トドメが価格。アメリカでの価格を比べると、プリウスより少し安い。アメリカに住んでいてハイブリッドを考えるなら迷うことなくインサイトを選ぶ。しかし! 日本でのは若干状況が違う。インサイトはナビまで標準装備するなどコテコテのフル装備とし、プリウスの最上級グレードと同等レベルにしてきたのだった。

 今回試乗したインサイトの価格を見たら362万8800円! 乗り出し価格で400万円に達してしまう。すべてにおいて余裕のあるカムリに手が届く。プリウスだって売れ筋は中級グレード。大きくてカッコ良くなる新型カローラ4ドアのデビューもインサイトにとって向かい風です。もっと言えば、この価格帯になると輸入車だって視野に入る。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです