メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

やっぱりマニュアルが好き! たった50万円でMTと走りが楽しめる中古モデル4選

情報提供:カートップ

やっぱりマニュアルが好き! たった50万円でMTと走りが楽しめる中古モデル4選

もう登場しない可能性もある操ってる感満点の4台

 新たに登場する車種も、販売の割合で言っても圧倒的にAT車が優勢となっている現代。燃費の面で見ても、サーキットでのラップタイムを見ても2ペダル車(AT車)のほうが優れているという事実がある。

 しかし、いまだにアナログレコードやフィルムカメラの愛好家がいるように、ただただ自らクラッチペダルを踏んで変速したいというユーザーがいることもまた事実。そこで今回は、とにかく手動で変速したいアナタに、50万円以下で狙える国産MT車をご紹介しよう。

1)スバル・レガシィツーリングワゴン(3台目・BH型)

 1998年に登場した3代目となるレガシィ。荷物もたくさん積めるユーティリティの高さが魅力なツーリングワゴンだが、EJ20型の2リッター水平対向ターボエンジンを搭載したモデルはいまだに一線級のパフォーマンスを見せてくれる。もちろん常時四輪駆動で、トラクション性能は抜群だ。

MT車

 4代目モデルからは等長等爆エキマニが採用されたため、水平対向らしいドロドロとした排気音が楽しめる最後のレガシィということもあり、さまざまなシチュエーションで楽しむことができる1台と言えるだろう。

MT車

2)マツダRX-8

 現段階では最後のロータリーエンジン搭載車となるRX-8。RX-7とは異なりNAエンジンとなったことで大パワーを求めるユーザーからはやや人気がないモデルとなってしまったが、ロータリーエンジンのモーターのようなフィーリングは健在。

MT車

 一応4ドアセダンということで、リヤシートも(RX-7に比べれば)使えるものになっている。

MT車

 総額50万円でも6速MTを搭載したタイプS系を狙うことが可能だが、距離が進んでいる個体が中心となるため、専門店などを中心に程度を見極めて購入したいところだ。

MT車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです