メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

特養で子ども支援 施設活用、学習場所や食事提供

特別養護老人ホーム「カーサ月の輪」で大学生ボランティアと勉強する男子中学生(右)=大津市で

 高齢者向けの特別養護老人ホーム(特養)を子どもの居場所として活用する動きが広がっている。地域のボランティアと連携しながら、学習支援や食事提供をする。多様な福祉専門職が在籍し、広いスペースや調理室を備えるなど、施設の強みを生かした取り組みだ。

 「今日は、どの単元からやろうか?」。昨年11月下旬の夜、大津市にある特養「カーサ月の輪」のデイサービスフロアで大学生ボランティアが、数学の問題集を解く中学3年の男子に声をかけた。同施設が2015年3月から週1回開く“フリースペース”での一こまだ。

 きっかけは、地域づくりに関する住民との話し合いで「不登校の子やその親向けに施設を活用できないか」という案が出たことだ。現在は2世帯の小中学生と母親らが午後5時から9時ごろまで過ごす。送迎車両で職員が迎えに行き、ボランティアと遊んだり勉強をしたりするほか、バランスの良い夕食を食べられ、お風呂にも入れる。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです