メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

特養で子ども支援 施設活用、学習場所や食事提供

特別養護老人ホーム「カーサ月の輪」で大学生ボランティアと勉強する男子中学生(右)=大津市で

 高齢者向けの特別養護老人ホーム(特養)を子どもの居場所として活用する動きが広がっている。地域のボランティアと連携しながら、学習支援や食事提供をする。多様な福祉専門職が在籍し、広いスペースや調理室を備えるなど、施設の強みを生かした取り組みだ。

 「今日は、どの単元からやろうか?」。昨年11月下旬の夜、大津市にある特養「カーサ月の輪」のデイサービスフロアで大学生ボランティアが、数学の問題集を解く中学3年の男子に声をかけた。同施設が2015年3月から週1回開く“フリースペース”での一こまだ。

 きっかけは、地域づくりに関する住民との話し合いで「不登校の子やその親向けに施設を活用できないか」と…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです