メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「フルトヴェングラー×ベルリン・フィル」CDが好評 内田光子×ラトルも

ベルリン・フィルとのベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏について語る内田光子さん=斉藤希史子撮影

 第二次大戦中のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と首席指揮者のフルトヴェングラーによる演奏が最新技術でよみがえり、22枚組みCDとして昨年末に発売された。同楽団の自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」が始めたアーカイブシリーズの第1弾。戦火が街に迫る中、命がけの演奏会と放送を続けていた時代を、音で振り返る。主な音源は旧ソ連の占領軍に押収され、冷戦終結後にようやく返還されたテープで、それ自体が現代史の“証人”だ。音色や速度など、当時の雰囲気をそのままに修復・デジタル化を施したという。

 ドイツでは終戦間際まで、国威発揚の最後のとりでとしてベルリン・フィルが演奏会を続け、帝国放送が収録…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです