メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「フルトヴェングラー×ベルリン・フィル」CDが好評 内田光子×ラトルも

ベルリン・フィルとのベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏について語る内田光子さん=斉藤希史子撮影

 第二次大戦中のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と首席指揮者のフルトヴェングラーによる演奏が最新技術でよみがえり、22枚組みCDとして昨年末に発売された。同楽団の自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」が始めたアーカイブシリーズの第1弾。戦火が街に迫る中、命がけの演奏会と放送を続けていた時代を、音で振り返る。主な音源は旧ソ連の占領軍に押収され、冷戦終結後にようやく返還されたテープで、それ自体が現代史の“証人”だ。音色や速度など、当時の雰囲気をそのままに修復・デジタル化を施したという。

 ドイツでは終戦間際まで、国威発揚の最後のとりでとしてベルリン・フィルが演奏会を続け、帝国放送が収録…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです