メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

岩合光昭 猫と人、穏やかな日々 「ねことじいちゃん」監督挑戦

映画「ねことじいちゃん」の一場面

 島で暮らす人々と猫の豊かな日常を描いた映画「ねことじいちゃん」(2月22日全国公開)で、世界的な動物写真家、岩合光昭が映画監督に初挑戦した。「すてきな映画に仕上がった。特に猫好きの方には気に入っていただけると思います」と自信を見せる。

 原作は、ねこまきさん作の同名人気コミック。70歳の大吉(立川志の輔)は妻に先立たれ、ちょっとふてぶてしい飼い猫のタマ(ベーコン)と悠々自適の島暮らしを楽しんでいる。カフェを開いた美智子(柴咲コウ)に料理を教わったり、幼なじみの巌(小林薫)とおしゃべりしたりという穏やかな毎日の中で、自身の体調不安など日常に変化が訪れ始める。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです