メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

東大 温泉サークル「OKR」 色、温度、匂い、重み、触感 五感で湯治楽しむ

特製の法被を見にまとったOKRのメンバーたち

 寒さが厳しいこの季節、ゆったり温泉につかりたいと思う方も多いのでは。そんな温泉に「真剣に向き合う」ことをモットーに全国各地を巡っている、東大温泉サークル「OKR(おける)」を取材した。

 「温泉にも人と同じように個性がある」と話すのは、OKRのホームページを作成している上山和輝さん(東京大2年)。温泉は、源泉によって泉質が異なる。透明や濁り湯など色や温度、硫黄の匂い以外にも、お湯の抵抗感、触感の違いがイメージしやすい。ぬるっと重みを感じたり、しゅわしゅわと泡がつくなどメンバー内でも好みが分かれるという。温泉地は全国に約3000カ所ある。

 2015年に温泉好きが集まり発足したOKRは、現在1、2年生約30人で活動。東京近郊から全国各地ま…

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです