メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

富谷市長選 「一層謙虚に市政を」 若生市長に当選証書 /宮城

 任期満了に伴う富谷市長選が告示された20日に2期目の当選を無投票で決めた若生裕俊市長(54)に対して28日、当選証書が付与された。小松春子・同市選挙管理委員会委員長から証書を受け取った若生市長は「無投票当選はうれしい半面、市民の直接の審判をあおいでいないので、一層謙虚に声なき声も受け止めて市政に励みたい」と抱負を語った。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです