メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 「多くの人が国訴えて」 原告2人が会見 地裁第1回弁論 /宮城

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして県内の男女3人が国に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、仙台地裁で開かれ、国は改めて争う姿勢を示した。弁論後、原告3人のうち、いずれも10代で手術を受けたとする男性2人が記者団の取材に応じ「もっと多くの人が声を上げて国を訴えてほしい」と思いを語った。

 「国は人権侵害を認めて謝ってほしい」。弁論後に仙台市内で行われた記者会見で、原告の70代、東二郎さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです